ビッグデータを扱う最先端の求人

データベースエンジニアの仕事として一般的なものは、ある組織において必要となるデータに対して特化したデータベースシステムの開発とその運用や管理といったものでした。このような案件もまだ実際にはあるものの、データベースシステムが既に開発されている企業も増えてきたことから、その保守やトラブルシューティングを中心とした案件も増えてきています。つまり、システムの開発には直接携わらないようなインフラエンジニアとしての仕事が割り振られることが増えてきていたり、むしろインフラエンジニアとして求人を行って、データベースに関わる仕事についてもカバーしてもらっている企業が増えている傾向にあります。

データベース管理の基本的な求人に加えて、データベースエンジニアがシステムエンジニアとしての本領を発揮できる分野としてビッグデータの取り扱いをする業界での需要が高まっています。パソコンの計算能力が向上しているとはいえ、扱わなければならない情報量も増大する一方にあります。ソーシャルネットワークやインターネット文書のデータ解析やゲノミクスや地球科学などの無数のデータを扱うデータベースシステムの開発等、巨大な情報の解析やそれに使用できるシステムの開発における求人が増えてきています。

したがって、今後データーベースエンジニアとして仕事をしていくためには、ビッグデータを扱うための知識とプログラミングの能力が必要とされてくるでしょう。
さらに、今後フリーとして活躍していくためには、セキュリティ関係やサーバー関係のスキルをより強化することが必要だといえます。
参考になるサイトはこちらです⇒【インフラに強くなりたい!フリーエンジニアGUIDE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です